西武、栗山V弾で連敗ストップ!3年目・光成が5回2失点で今季初勝利

[ 2017年5月9日 21:05 ]

パ・リーグ   西武7―2日本ハム ( 2017年5月9日    札幌D )

3回2死一塁、2ランを放った栗山
Photo By スポニチ

 西武は栗山の決勝2ランで連敗を2でストップ。先発の高卒3年目・高橋光が5回2失点で今季初勝利を挙げた。

 西武は2点ビハインドの3回2死二、三塁から、4番・中村の左前2点適時打で同点に。すると、続く5番・栗山が右翼席へ豪快な2号2ランを放って勝ち越しに成功した。4回には2番・源田の左前適時打、7回には8番・岡田、9番・木村の連続適時打で日本ハムを突き放した。

 高橋光は大野にソロを浴びるなど序盤に失点したものの、5回4安打2失点とまずまずの投球。味方の援護にも恵まれ、今季初白星を挙げた。

 日本ハムは2試合連続完封の期待のかかった高梨が、3回に集中打を浴びるなど5回9安打5失点と誤算。逆転負けを喫してカード初戦を落とした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月9日のニュース