ヤクルト 5位でも観客動員ダントツ27.5%増 パでも5位ハム好調

[ 2017年5月9日 05:30 ]

 セ、パ両リーグは8日、今季開幕からホームとビジターでの対戦が1回りした5月4日時点での観客動員数を発表した。1試合平均は前年同時期と比べてセが4.1%増の3万1840人、パが7.6%増の2万6096人だった。

 球団別ではヤクルトが27.5%増と12球団最高の伸び率を記録。巨人は地方開催が2試合あったこともあり、9.3%減。パでは日本ハムが18.4%、ソフトバンクが14.9%とそれぞれ2桁増だった。

 平均試合時間はパが昨年同時期より11分短縮した3時間11分で昨シーズン終了時と比べても7分短かった。セは昨年同時期、昨シーズン終了時と同じ3時間15分だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月9日のニュース