元MVPハワード 不振続きでブレーブスがマイナー契約解除

[ 2017年5月9日 12:24 ]

ライアン・ハワード内野手 (AP)
Photo By スポニチ

 ブレーブスは8日、傘下3Aグイネットに所属するライアン・ハワード内野手(37)とのマイナー契約を解除した。

 ハワードは今季開幕直後にブレーブスとマイナー契約。しかし、11試合の出場で打率1割8分4厘(38打数7安打)、1本塁打、5打点と不振が続いていた。フィリーズ時代の2006年にはリーグMVPを獲得。本塁打王は2度(06年、08年)、打点王には3度(06年、08年、09年)輝いたが、ここ数年は故障もあり、かつてほどの成績を残すことが難しくなっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月9日のニュース