阪神・秋山 2423日ぶり巨人戦先発勝利 菅野に投げ勝った「攻めた」

[ 2017年5月9日 20:54 ]

セ・リーグ   阪神4―2巨人 ( 2017年5月9日    東京ドーム )

<巨・神>力投する秋山
Photo By スポニチ

 阪神の秋山拓巳投手(26)が巨人のエース菅野に投げ勝ち、今季2勝目(2敗)を挙げた。

 3試合連続完封中の菅野との投げ合い。「正直、めちゃくちゃ緊張していた。対菅野さんと言うより、自分のできることを必死にやっていこうと」。3回までに4点の援護をもらうと、走者を背負いながらも要所を締めた。7回を6安打2失点。巨人戦に限れば、先発が5年ぶりなら先発勝利は1年目の10年9月20日に甲子園で6回2失点に抑えて以来、実に2423日ぶりだった。「序盤から点を取ってもらい、緊張していたが打線の勢いに乗って攻めていくことができた。連勝を止めないようにしっかりつなげた」と好調な打線への感謝も口にした。

 貯金9とし首位の座を堅守した金本監督は「一番は秋山が本当によく菅野相手に投げ勝ってくれた。気持ちが全面に出ていた。野手も秋山に絶対に勝たせようという思いがあった」と興奮気味だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月9日のニュース