今季初勝利のチェン、打線に感謝「心強かった」

[ 2017年5月9日 16:49 ]

パ・リーグ   ロッテ6―4楽天 ( 2017年5月9日    Kobo宮城 )

<楽・ロ>笑顔でヒーローインタビューを受けるロッテ・先発のチェン
Photo By スポニチ

 ロッテ先発のチェンが6回無失点の好投で今季初勝利を挙げた。開口一番「うれしい」と安どの表情。2011年にDeNA(当時横浜)に入団。台湾から来日して7年目を迎える左腕は終始、流暢な日本語でインタビューに答えた。

 6回までに5四球を与えるなど、120球を要してしまい「長いイニングを投げたかったけれど」と反省しながらも、「援護点がたくさんあって」と打線に感謝。開幕から不振にあえぐ打線がこの日は6回までに6得点を奪い「心強かった」と笑顔を見せた。

 インタビュアーの質問が聞き取れず「ちょっと分からない」と愛嬌たっぷりの笑顔をみせると、Koboパーク宮城にかけつけたロッテファンから声援が飛んだ。最後は「明日も頑張ります。これからも応援よろしくおねがいします」とお約束の言葉で締め、観客席に深々と頭を下げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月9日のニュース