ロッテ、今季楽天戦初勝利!今季初先発チェンが好投で1勝目

[ 2017年5月9日 16:43 ]

パ・リーグ   ロッテ6―4楽天 ( 2017年5月9日    Kobo宮城 )

<楽・ロ>今季初勝利のロッテ先発のチェン
Photo By スポニチ

 今季初先発のロッテ・チェンが6回120球を投げて無失点の好投で昨季9月1日オリックス戦以来の勝利を挙げた。5つの四球を出し、毎回のようにピンチを背負ったが安打は3本しか許さず得点を与えなかった。

 7回からバトンを受けとったドラフト2位・酒居が2失点、8回登板のドラフト5位・有吉が1失点と両ルーキー右腕がそれぞれ失点。9回も新ストッパーの内がウィーラーに2号ソロを浴び今季初失点するも、なんとかしのぎ2セーブ目。

 試合前時点で打率・185と苦しんでいた打線は、この日は6回までに6点を奪いチェンを援護した。3回に細谷の2点適時三塁打で先制。4回には2死からの4連打で3点を追加。6回には新助っ人ダフィーに待望の1号ソロが飛び出し、チーム打率も・187に上昇した。

 また、守備では7回裏1死一、二塁の場面では楽天・ウィーラーの右中間への大きな打球を右翼・清田がフェンスに激突しながらキャッチ。この両軍ファンが拍手を送るビッグプレーなど、無失策の堅い守りで投手陣をサポートした。

 ロッテは楽天戦今季初白星で、5月にようやく2勝目(5敗目)。一方の楽天は終盤に粘りをみせるも序盤の失点が響き3連勝はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月9日のニュース