マーリンズ 正三塁手のプラードがDL入り リドルがメジャー再昇格

[ 2017年5月9日 08:34 ]

マーリンズのマーティン・プラード内野手 (AP)
Photo By スポニチ

 マーリンズは8日、右ハムストリング(太腿裏)を痛めた正三塁手のマーティン・プラード内野手(33)を10日間の故障者リスト(DL)に入れたと発表。代わりに3AニューオーリンズからJT・リドル内野手(25)をメジャーに昇格させた。

 元々、同部位を痛めていたプラードは7日に行われたメッツ戦での走塁で症状を悪化させた。今季の成績は17試合に出場して打率2割9分、2本塁打、6打点。

 リドルは今季2度目のメジャー昇格。4月16日のメッツ戦ではサヨナラ本塁打を放った。本来は遊撃手だが、マイナーでは三塁手としてもプレーしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月9日のニュース