西武ドラ1今井 来春キャンプA班抜てきも 辻監督「見てみたい」

[ 2016年10月22日 05:30 ]

西武がドラフト1位で指名した作新学院の今井
Photo By スポニチ

 西武の辻監督がドラフト1位の今井(作新学院)を来春キャンプでA班(1軍)に抜てきすることを示唆した。

 ドラフト会議は欠席したが、今夏甲子園をテレビでチェックし「キャンプは1軍で見てみたい。1年目からそこそこやれると思う」。高卒新人でA班となれば、10年の菊池以来となる。近年の新人はB班(2軍)からスタートしているが、過去には松坂(現ソフトバンク)や涌井(現ロッテ)がA班で始動。指揮官は「(元日本ハムの)西崎や(現西武2軍投手コーチの)西口に似たタイプ。糸を引くような球を投げられる」と将来のエース候補に期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース