レアードが7回にソロ「球がよく見えていた」と納得の表情

[ 2016年10月22日 23:05 ]

SMBC日本シリーズ第1戦 ( 2016年10月22日    マツダ )

<広・日>7回無死、レアードが中越えにホームランを放つ
Photo By スポニチ

 日本ハムのレアードが、チーム唯一の得点となるソロ本塁打を放った。先頭打者だった7回、ジョンソンの4球目を捉えて中越えにたたき込み「球がよく見えていた。外の甘めのいいところに来たので思い切り振った」と納得の表情だった。

 4回にも痛烈な中前打をマークし、調子は上向きだ。第2戦で対戦する野村からは今季の交流戦で2打数2安打と打っており「アプローチは変わらない。甘い球を見逃さず、ボール球には手を出さない」と視線を鋭くした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース