歴史的瞬間まであと1勝 チケット求めるカブスファン 価格も高騰中

[ 2016年10月22日 16:11 ]

リグレー・フィールドでのナ・リーグ優勝決定シリーズ第2戦を前にチケットを求めて並ぶファン (AP)
Photo By AP

 ナ・リーグ優勝決定シリーズは3勝2敗でカブスが王手。22日(日本時間23日)の第6戦に勝利すれば、1945年以来、71年ぶりのワールドシリーズ進出が決まる。この歴史的一戦(となる可能性)のチケットはもうさほど残っていないはず。しかし、わずかな希望を持つファン15人ほどが本拠地リグレー・フィールドの券売所に集まっているという。CBSシカゴが21日に報じている。

 カブス球団によると、第6戦のチケットが販売されるかどうかは試合当日の朝まで分からないとのこと。それでも、現時点ではまだ不確かなものをゲットしようと、熱心なファンは泊まり込みを考えているという。しかし、券売所付近での泊まり込みは禁止。あるファンはどこかで野宿できる場所を探し、翌日の午前8時に再び券売所を訪れる考えを明かしていた。

 また、集まった中には第6戦のチケットを転売して一儲けしようと考えているファンもいる。経済誌フォーブス(電子版)によると、カブスが第5戦で王手を懸けると、一晩で第6戦のチケット価格が13%上昇したとのこと。現在は外野席ですら、900ドル(約9万3000円)から1640ドル(約17万円)の相場で取引されているという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース