栗山監督 ドラ1堀と対面「純粋な感じを受けた」

[ 2016年10月22日 05:30 ]

指名あいさつでドラフト1位の堀(左)と握手する日本ハム・栗山監督
Photo By スポニチ

 日本ハムの栗山監督、吉村浩GMらが広島新庄・堀にドラフト1位の指名あいさつを行った。

 マツダスタジアムでの練習後、午後7時に同校に到着した指揮官は「マウンドの雰囲気と対照的に純粋な感じを受けた。一流選手はギャップがあることが多い」と独特の表現で評し、「来年、一緒に日本シリーズに行きましょう!」と熱く語り掛けた。高校生ながら即戦力の期待も高い左腕は「共に天下を!」と書き込まれたドラフト会議の入場パスとバッジも贈られて「実感が湧きました」と笑顔で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース