ハム “左殺し”岡3番起用も 今季打率・429、ジョンソン撃ちだ

[ 2016年10月22日 05:30 ]

日本シリーズ第1戦 ( 2016年10月22日    マツダ )

フリー打撃を行う岡
Photo By スポニチ

 日本ハムの岡が、初戦の先発メンバーに名を連ねる可能性が出てきた。「3番・右翼」が有力で、前日練習を終えて力強い言葉が飛び出した。

 「日本シリーズは僕にとってプラスしかない。こういう経験をできることはあまりないので、怖いもの知らずで前だけを見てぶつかりたい」

 災い転じて福となす――。この日、CSファーストSで主に中軸を担っていた近藤が、微熱など風邪の症状を訴えて前日練習を欠席。広島市内のチーム宿舎で静養した。初戦の先発出場は微妙だが、選手層は厚い。CSファイナルSでは代打で起用されていた岡がいる。ポストシーズンでは初めての先発出場となる。

 16日のソフトバンクとのファイナルS(札幌ドーム)では、2―4で迎えた4回1死満塁から代打で出場し、中越えの2点二塁打で試合を振り出しに戻し、CS突破を呼び込んだ。「あの経験はプラスになった。ここで打てばヒーローになれるという思いがある」と超プラス思考で打席に立ち、結果を残した。

 「左キラー」でもある。今季対右投手の打率・348に対し、左投手は同・429を誇る。初戦に先発する相手左腕・ジョンソン攻略へ、キーマンといえる存在だ。今季は2軍スタートも6月に1軍昇格すると、神懸かり的な活躍で球団新記録となった15連勝に大きく貢献。栗山監督に「勝利の男神(おがみ)」と呼ばれたこともあった。

 「ここまでくれば裸になって相手にぶつかるだけ。今年はカープの年だけど、全力でぶつかる」と指揮官。岡は広島から近い岡山出身で、家族や友人が応援に駆けつける予定だ。「結果はどうなるか分からないが、しっかり準備をして臨みたい」。3年目の25歳は初の大舞台に思いをはせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース