ヤクドラ1寺島 石井一久さん超える投手に 来春キャンプ1軍予定

[ 2016年10月22日 05:30 ]

鳥原チーフスカウト(右)から真中監督がドラフト会議の時に着けていた名札を渡される寺島。左は阿部スカウト
Photo By スポニチ

 ヤクルトからドラフト1位で指名された履正社・寺島が大阪府内の同校で鳥原公二チーフスカウトらから指名あいさつを受けた。

 「石井2世」として期待される。「似ているのは私が担当した石井一久。寺島君は即戦力。4、5月から頼むよ」。同チーフスカウトから球団OBで日米通算182勝左腕の名前を出されたが、寺島は「そう言ってもらっているので応えたい。それ以上の選手になりたい」と力強い。

 指揮官は新人にも開幕投手の可能性があると話しているが、これにも寺島は「かなうか分からないけれど目指したい。開幕ローテーションに入って1勝を挙げたい」と頼もしかった。前夜は履正社の先輩・山田から「いい球団なんで頑張ろうね」と電話で激励された。「一緒に早くできるように頑張りたい。勝てる投手になりたい」。150キロ左腕は来春キャンプから1軍でスタートする予定だ。 (平尾 類)

 ▼ヤクルト・山田 甲子園を見ていて凄い良い投手だと思った。制球が良いし、伸びのある直球がある。プロでも通用すると思う。早く一緒に戦えればいいなと思う。どんどん(自分を)頼ってほしい。ずっと1軍にいてほしい。めちゃくちゃ期待してます。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース