ソフトB ドラ1正義11・23お披露目計画 ファン感デビューだ

[ 2016年10月22日 05:44 ]

ソフトバンク・小川編成育成部長(左端)、山本スカウト(右から2人目)、創価大・岸監督(右端)と笑顔を見せる創価大・田中
Photo By スポニチ

 ソフトバンクがドラフト1位指名した創価大・田中正義投手(22)を、11月23日にヤフオクドームで行われる「ファンフェスティバル2016」で3万人にお披露目する計画があることが分かった。

 例年12月上旬に行ってきた新入団会見を11月22日に前倒し。翌23日のイベントに超大物ルーキーを登場させる計画だ。

 5球団競合の末、進むべき道が決まった田中はこの日、東京都八王子市内のキャンパスで指名あいさつを受けた。担当の山本省吾スカウトから受け取った交渉権確定のクジには工藤監督の「田中正義君江 日本一を 共に目指そう 工藤公康」という直筆メッセージが添えられた。「凄くうれしかった。“田中がいてよかった”と思ってもらえるように頑張りたい」。決意を新たにした。

 まだ大学での仕事がある。明治神宮大会への出場権を懸けた関東地区大学野球選手権が31日に開幕。指名あいさつ前は同市内のグラウンドで57球を投じた。桜美林大が首都大学リーグで優勝すれば2回戦でロッテ1位の佐々木千と当たる。「いい投手であるのは間違いない。4年間の集大成。ここぞというのは今だし、何としても勝ちたい」と闘志をみなぎらせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース