大谷「8番・投手」で第1打席は左中間フェンス直撃二塁打 初回2奪三振

[ 2016年10月22日 19:12 ]

SMBC日本シリーズ第1戦 ( 2016年10月22日    マツダ )

<広・日>2回2死、左中間フェンス直撃の二塁打を放つ大谷
Photo By スポニチ

 SMBC日本シリーズが22日、マツダスタジアムで開幕。日本ハムの大谷翔平投手(22)が2回の第1打席で左中間フェンス直撃の二塁打を放った。

 この日、「8番・投手」でスタメン出場の大谷は、2回2死無走者でカウント2ボールからジョンソンの146キロの直球を捉えた。高く上がった飛球に中堅手・丸がジャンプして捕球を試みたものの、そのままフェンスに直撃し、二塁打に。続く大野が二ゴロに倒れ、先制はならなかった。

 投げては初回、1番・田中の初球に158キロを記録するなど2三振を奪って無失点に抑えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース