巨人 来季「投手コーチ3人制」 田畑、木村氏2軍から昇格

[ 2016年10月22日 06:31 ]

田畑2軍投手コーチ(左)と木村2軍投手コーチ
Photo By スポニチ

 巨人が来季、6年ぶりに「投手コーチ3人制」を敷くことが21日、分かった。

 田畑一也2軍投手コーチ(47)、木村龍治2軍投手コーチ(46)がそろって1軍に昇格し、チーフ格の尾花高夫投手コーチ(59)を支える。木村コーチはトレーニングコーチも兼務する。

 今季のチーム防御率はリーグ3位の3・45。立て直すために首脳陣も厚みを持たせる。この日、田畑、木村両コーチの昇格が決定。田畑コーチは2年ぶり、木村コーチは09年以来となる。豊田1軍投手コーチは来季から2軍のチーフ格が濃厚。その他、空席となっている2軍首脳陣については今後、詰めていく。

 投手コーチ3人制は11年の川口、斎藤、香田以来。就任1年目で2位に終わった高橋監督も20日のドラフト会議後に来季の課題を聞かれ「ピッチャーの再整備、野手の再整備、両方じゃないですか」と話していた。打撃部門では二岡智宏2軍打撃コーチ(40)が1軍に昇格する。投打ともに首脳陣の配置替えを敢行する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース