安部、大谷から2安打 負傷離脱したルナの穴埋める活躍見せた

[ 2016年10月22日 23:29 ]

SMBC日本シリーズ第1戦 ( 2016年10月22日    マツダ )

<広・日>4回裏1死、安部は大谷(手前)からこの日2本目の安打を放つ
Photo By スポニチ

 「7番・三塁」で出場した広島の安部が大谷からただ一人2安打を放った。右前打の2回には一塁走者として重盗で先制点奪取に貢献。「あるな、と思ったので準備していた。先制点になって勢いがついた」と自賛した。

 1回の守備では緊張で浮足立ったという。「みんなに声を掛けてもらって地に足をつけた」と冷静さを取り戻し、クライマックスシリーズ中に負傷離脱したルナの穴を埋める活躍を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース