ソフトB 6選手に戦力外通告、巽は合同トライアウト挑戦へ

[ 2016年10月22日 15:46 ]

球団から来季の契約を結ばないことを伝えられたソフトバンク・巽
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは22日、ヤフオクドーム内の球団事務所で柳瀬明宏投手(33)、巽真悟投手(29)、金子圭輔内野手(31)、猪本健太郎内野手(25)の支配下4選手と李杜軒(リートゥーシェン)内野手(28)、金子将太外野手(20)の育成2選手に対し、来季の契約を結ばないことを通告した。

 巽は現役続行に強い意欲を見せており、11月12日に甲子園で行われる12球団合同トライアウトに臨む予定。猪本、李杜軒はトライアウトを受けるかどうか考慮中で柳瀬、金子圭はトライアウトまでの他球団から話があれば現役続行の可能性もある。一番年下の金子将は周囲の話を聞いてから今後について決断するとした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月22日のニュース