中日1位指名の明大・柳 12K完投勝利、通算338Kで歴代8位に

[ 2016年10月22日 16:04 ]

<立大・明大>力投する明大・柳
Photo By スポニチ

 中日にドラフト1位指名された明大の柳裕也投手(4年)が22日、東京六大学野球の立大1回戦で6安打2失点完投勝利。12三振を奪って通算奪三振を338まで伸ばし、秋山登(明大)、多田野数人(立大)の334を抜いてリーグ歴代8位に躍り出た。

 直球の走りはいまひとつだったが、カットボールなど変化球を有効に使って好投。ドラフト後初登板で粘投した右腕は「走者が出た場面や、点をやりたくない場面では三振を狙った」と振り返った。チームは、23日の同2回戦に勝てば2季連続39度目の優勝が決まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース