札幌ドーム 球場改善協議会開催へ サッカーと共用で“使いづらい”

[ 2016年10月22日 05:30 ]

札幌ドーム
Photo By スポニチ

 札幌市の秋元克広市長(60)が21日、同市と日本ハム、J2札幌、両チームが本拠地とする札幌ドームの4者で、球場改善の協議会を開くと明らかにした。

 22日に開幕する日本シリーズ終了後になる見通し。日本ハムは球団と選手会が4日、札幌ドームに対し、人工芝の張り替えなど球場改善の要望書を提出。新球場建設も検討しており、札幌市に隣接する北広島市などが取り沙汰されている。

 日本ハムのドーム残留を求める秋元市長は「野球とサッカーの共用球場で、使いづらいところも出ている。多目的(施設)のままでいくのか、専用化するのか考えなくてはいけない時期だ」と述べた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年10月22日のニュース