ロッテ 守護神・西野に先発再転向プラン「傷つけすぎてしまった」

[ 2016年10月22日 05:30 ]

秋季練習初日にアップをする西野(左)と涌井
Photo By スポニチ

 ロッテ守護神・西野の先発再転向プランが浮上した。13年に先発で9勝を挙げ、14年から抑えで2年連続30セーブをマーク。だが、今季は21セーブで6敗を喫し、防御率3・35に終わった。

 落合投手コーチは、本人と話し合ってから決めるとした上で「今年は(精神的に)傷つけすぎてしまった。本人のことを考えて、先発に戻る方がいいのかなと僕は考えている」と話した。現時点では益田、内らの中継ぎ陣が、新守護神候補と見られる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース