4番・中田がブレーキ「個人的に手も足も出なかった」

[ 2016年10月22日 23:27 ]

SMBC日本シリーズ第1戦 ( 2016年10月22日    マツダ )

 日本ハムの4番中田がブレーキとなった。打線は10安打4四死球と出塁したが、主砲が無安打に終わったこともあり、11残塁でわずか1得点。1回1死一、三塁は空振り三振、3回1死一、二塁では併殺打と好機をつぶし「ジョンソンに関しては打てる球がなかった。個人的に手も足も出なかった」と白旗を揚げた。

 「予想以上に良かった」というカットボールに手を焼き、内角低めのボール球にも手を出した。出身地の広島で初戦を落とし「正直痛いが、切り替えてやるしかない」と第2戦を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月22日のニュース