ホワイトソックス ベンチュラ監督が退任「来季はチームに戻らない」

[ 2016年10月3日 14:15 ]

ホワイトソックスのロビン・ベンチュラ監督 (AP)

 ホワイトソックスのロビン・ベンチュラ監督(49)が今季限りで退任することになった。2日に行われたシーズン最終戦の後に本人が明言した。

 ベンチュラ監督は2012年に就任。初年度13年の63勝から73勝、76勝、そして今季は78勝と徐々に勝ち星を増やしたが、4年連続で勝率5割を切り、在任中にチームをプレーオフに導けなかった。今季でホワイトソックスとの契約が切れ、その去就が注目されていたが、「来季に監督としてチームに戻るつもりはない」と自ら進退を決断した。なお、後任にはベンチコーチを務めていたリック・レンテリア(54)が有力で、同コーチは14年にカブスの監督経験がある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月3日のニュース