メジャーリーグ 各部門の個人タイトル確定 引退オルティスが打点王

[ 2016年10月3日 15:38 ]

レッドソックスのデービッド・オルティス (AP)

 メジャーリーグは2日に公式戦の全日程が終了し、各部門の個人タイトルが確定した。ア・リーグの投手部門ではヤンキースの田中に最優秀防御率の期待が懸かったが、3・07で3位だった。最多セーブのブリトンはセーブ機会すべてに失敗なし。今季限りでの現役引退を表明しているレッドソックスのオルティスはブルージェイズのエンカーナシオンと最多打点のタイトルを分け合った。

 ナ・リーグの打撃部門ではロッキーズのラメーヒューがナショナルズのマーフィーに1厘の差で首位打者のタイトルを獲得。また、同僚のアレナドは2年連続で本塁打と打点の2冠に輝いた。公式記録ではないが、どれだけチームの勝利に貢献したかを示す指数のWAR(ファングラフス版)では、ア・リーグがエンゼルスのマイク・トラウト外野手(25)の9・4、ナ・リーグではカブスのクリス・ブライアント内野手(24)の8・4がそれぞれトップだった。各タイトルは以下の通り。カッコ内は所属、年齢、獲得回数。

ア・リーグ「打撃部門」                     
▽首位打者  打率3割3分8厘 ホセ・アルテューベ(アストロズ、26、2回目)
▽最多本塁打 47本塁打 マーク・トランボ(オリオールズ、30、初)
▽最多打点  127打点 デービッド・オルティス(レッドソックス、40、3回目)
             エドウィン・エンカーナシオン(ブルージェイズ、33、初)
▽最多盗塁  43盗塁 ラージャイ・デービス(インディアンス、35、初)

ア・リーグ「投手部門」                     
▽最多勝利   22勝 リック・ポーセロ(レッドソックス、27、初)
▽最優秀防御率 3・00 アーロン・サンチェス(ブルージェイズ、24、初) 
▽最多セーブ  47セーブ ザック・ブリトン(オリオールズ、28、初)
▽最多奪三振  254三振 ジャスティン・バーランダー(タイガース、33、4回目)

ナ・リーグ「打撃部門」
▽首位打者  打率3割4分8厘 D・J・ラメーヒュー(ロッキーズ、28、初)
▽最多本塁打 41本塁打 ノーラン・アレナド(ロッキーズ、25、2年連続2回目)             クリス・カーター(ブルワーズ、29、初)
▽最多打点  133打点 ノーラン・アレナド(ロッキーズ、25、2年連続2回目)▽最多盗塁  62盗塁 ジョナサン・ビラー(ブルワーズ、25、初)

ナ・リーグ「投手部門」                     
▽最多勝利   20勝 マックス・シャーザー(ナショナルズ、32、3回目)
▽最優秀防御率 2・13 カイル・ヘンドリックス(カブス、26、初)     
▽最多セーブ  51セーブ ジェウリス・ファミリア(メッツ、26、初)
▽最多奪三振  284三振 マックス・シャーザー(ナショナルズ、32、初)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月3日のニュース