正義の同僚、創価大・池田もプロ志望 ケガ乗り越えた

[ 2016年10月3日 05:30 ]

 創価大・田中のチームメートで、同じくドラフト上位候補に挙がる151キロ右腕・池田も3日にプロ志望届を提出する。

 創価高時代は田中が中堅で、自身が背番号1。しかし3年夏に前十字じん帯を断裂し、大学入学当初はリハビリの日々だった。2年春からやっと投球を再開してここまで来ただけに「いろんな方に支えられてこの場に立てている。感謝したい」と万感の様子。「評価していただけるところで一生懸命やって結果を出したい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月3日のニュース