レアード 大幅昇給2年6億円 使い続けてくれた栗山監督に感謝

[ 2016年10月3日 05:30 ]

日本ハムと新たに2年契約を結んだレアード

 日本ハムは2日、ブランドン・レアード内野手(29)と来季から新たに2年契約を結んだと発表。今季年俸1億円から出来高も含め2年総額6億円の大幅昇給。

 チームの歴代外国人の中でもトップレベルの契約を結んだ助っ人は球団を通じて「来年もこのチームでプレーできることをうれしく思う」とコメントした。

 来日1年目の昨季は打率・231ながらチームトップの34本塁打を放ち今季は全試合に出場して打率・263、39本塁打、97打点で本塁打王のタイトルは確実。優勝に貢献した打撃はもちろん、本塁打を放った際の寿司を握るポーズも人気だ。

 特に感謝しているのが栗山監督で「来日1年目に絶不調だった自分を信じて使い続けてくれたことは生涯忘れません」と感謝。続けて「今年もう一度、監督を胴上げしたいので、絶対に日本一になります」とポストシーズンでの活躍を誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月3日のニュース