聖光学院、常総学院に7回コールド勝ち 18安打16得点の猛攻

[ 2016年10月3日 13:54 ]

希望郷いわて国体 硬式野球準々決勝 聖光学院16―3常総学院

(岩手県営)
 聖光学院が先発全員の18安打、16得点の猛攻を見せ7回コールドで常総学院を下し、春夏の甲子園も含めた全国大会で同校初のベスト4入りを果たした。2回に内野ゴロの間に先制。3回に4番・鈴木駿の2点適時二塁打でリードを広げると、4回には打者10人で5安打6得点を挙げて試合を決定づけた。ビッグイニングの足掛かりとなる適時二塁打を放った主将の松本は「自分たちには重たすぎるかもしれないですね」と謙そんしながらも、初の全国4強を喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月3日のニュース