東邦・藤嶋 投打でけん引 プロでは「投手で行きたい」

[ 2016年10月3日 05:30 ]

<東邦・秀岳館>力投する東邦・藤嶋

国体高校野球硬式の部1回戦 東邦8―1秀岳館

(10月2日 岩手県営ほか)
 東邦(愛知)は今秋ドラフト候補のエース・藤嶋が投打でチームをけん引した。

 投げては5回5安打1失点と踏ん張り「序盤は甘い球で連打を食らったが、全体的にまとまりのある投球ができた」。4番としても5回無死一、三塁から中越え2点二塁打を放ち「一本出たのは良かった」と振り返った。二刀流に注目が集まるが「(プロには)投手で行きたい。大谷選手とはレベルが違う」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月3日のニュース