巨人 山口、自己ワースト6敗目 尾花コーチ「球自体はいいが…」

[ 2016年8月21日 20:22 ]

セ・リーグ 巨人1―4阪神

(8月21日 東京D)
 巨人の山口は延長10回に登板し、四球から広げたピンチで連打を浴び、プロ11年目で自己ワーストとなる6敗目を喫した。23日から首位広島との直接対決を迎えることを報道陣に問われると「頑張ります」と言葉を絞り出した。

 チームは前日20日まで3連投していた抑えの沢村を休ませる方針で、復調の兆しを見せていた山口に期待していた。尾花投手コーチは「球自体はいいが、いいところに投げて微妙にボールになることが多い。修正してもらわないと」と奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月21日のニュース