ヤク石川 粘投も…また150勝逃す「攻撃はリズムに乗れない」

[ 2016年8月21日 05:30 ]

<広・ヤ>6回1/3を1失点も7敗目の石川

セ・リーグ ヤクルト0―2広島

(8月20日 マツダ)
 通算150勝に王手をかけているヤクルト・石川は黒田に投げ負け、4度目の挑戦でまたも勝てなかった。

 7回途中まで毎回の11安打を浴びながら1失点と粘ったが「あれだけ安打を打たれたら攻撃はリズムに乗れない。3人で終わる回をつくらないと」と振り返った。打線がわずか2安打で零敗を喫し、真中監督は「石川は粘り強く我慢していたが、打線が手も足も出なかった。黒田らしい思い通りの投球をされてしまった」と貧打を嘆いた。

 ▼ヤクルト・奥村(プロ3年目で初めて先発出場し2打数無安打1四球)手を出してはいけない球に(手を)出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月21日のニュース