西武 ルーキー国場がプロ初登板、2回無失点 最速148キロ

[ 2016年8月21日 21:39 ]

パ・リーグ 西武―ロッテ

(8月21日 西武プリンス)
 西武のドラフト8位ルーキー・国場翼投手(22)が、21日のロッテ戦(西武プリンス)で1軍デビューを果たした。

 4―8でリードされている8回に4番手で登板。先頭のナバーロから空振りでプロ初三振を奪ったが、鈴木、清田に連続で四球を与えて1死一、二塁に。それでも続く田村を二ゴロ併殺に打ち取った。続く9回も1四球1安打でピンチを招いたが、2回43球を投げて1安打3四球無失点という結果だった。最速は148キロをマークした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年8月21日のニュース