元DeNAグリエル メジャーデビューが決定 指名打者で先発起用

[ 2016年8月21日 13:54 ]

アストロズのユリエスキ・グリエル内野手 (AP)

 アストロズは20日、傘下3Aフレズノに所属するユリエスキ・グリエル内野手(32)のメジャー昇格を決めた。ヒンチ監督は21日(日本時間22日)のオリオールズ戦において、指名打者でスタメン起用することを明かしている。

 日本のプロ野球、DeNAでもプレーした経験のあるグリエルはキューバ代表として長年活躍。2月に弟ルルデスとともに米国へ亡命すると、6月にはどの球団とも自由に契約ができるフリーエージェントとして認められた。

 複数の球団が獲得に興味を示したが、7月にアストロズと5年総額4750万ドル(約47億5900万円)で契約に合意。入団会見では「この日をずっと待っていた」と念願だったメジャーでのプレーに喜びをにじませていた。

 メジャー昇格の知らせにチームメートも興奮。正二塁手のアルテューベは「グリエルにはとても期待しているよ。素晴しい選手だと聞いているからね。一緒にプレーするのが待ちきれないよ」とコメントしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月21日のニュース