楽天 松井稼&今江「PLコンビ」で先制点 松井稼は約3カ月ぶり打点

[ 2016年8月21日 14:06 ]

<オ・楽(17)>3回表1死一、三塁、松井稼は先制の左越え適時二塁打を放つ

パ・リーグ 楽天―オリックス

(8月21日 京セラD)
 楽天の「PLコンビ」が先制のチャンスをものにした。

 0―0の3回1死一、三塁から松井稼が左翼線への適時二塁打で先制点。「インコースのボールを上手いこと回転できたね。詰まった分、いいところに飛んでくれたよ」と5月12日の西武戦(コボスタ宮城)以来、3カ月ぶりの打点を上げた。

 これでなおも二、三塁とすると、続く今江の投ゴロの間に三塁走者の三好が生還。2点目を奪った。

 この日の楽天は1番に松井稼、2番に今江とPL学園OBが並ぶオーダーとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月21日のニュース