ヤクルト 2戦連続零敗、2試合で計3安打は50年ぶり球団最少タイ

[ 2016年8月21日 21:47 ]

セ・リーグ ヤクルト0―3広島

(8月21日 マツダ)
 ヤクルトは内野安打1本に終わり、2戦連続の零敗。前日の2安打と合わせて2試合で計3安打は、1966年の球団記録に並ぶ50年ぶりの貧打現象となった。前日の黒田に続き、この日はヘーゲンズの小さな変化球に手を焼き、真中監督は「うちの打者が対応し切れなかった。苦しい展開だった」と話した。

 主軸の穴を埋めてきた若手の調子にも陰りが見え、2試合で得点圏に走者を進めたのは1度だけと好機さえつくれていない。杉村チーフ打撃コーチは「今の選手では力不足。考えないといけないね」と悩ましげだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月21日のニュース