作新・今井 決勝へ温存 6回から右翼に「9回まで投げきりたい」

[ 2016年8月21日 05:30 ]

<明徳義塾・作新学院>決勝進出を決め、右翼の守備位置でガッツポーズの作新学院・今井

第98回全国高校野球選手権第13日・準決勝 作新学院10―2明徳義塾

(8月20日 甲子園)
 準々決勝まで3試合を完投した作新学院のエース今井は大量援護をもらったため、6回から右翼の守備に。

 3回に被弾するなど5回2失点の内容には「もう少し長い回を投げたかった。今日は体力的にもきつかった」と不満顔。それでも最速151キロをマーク。先発が予想される決勝に向けて「9回まで投げきりたい。ここまで来たら、勝つだけ」と頂点を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月21日のニュース