イチロー スタメン復帰で通算3008安打 二塁打で歴代単独28位に

[ 2016年8月21日 10:42 ]

<パイレーツ・マーリンズ>2回の打席に立つマーリンズのイチロー (AP)

ナ・リーグ マーリンズ3―1パイレーツ

(8月20日 ピッツバーグ)
 マーリンズのイチロー外野手(42)は20日(日本時間21日)のパイレーツ戦に「6番・右翼」で先発出場し、4回の第2打席で右翼への二塁打を放った。これでイチローはメジャー通算3008安打とし、アル・ケーラインを抜いて歴代単独28位に浮上。さらにウェード・ボッグスの持つ歴代27位の通算3010安打まではあと2本に迫った。

 イチローは2試合ぶりにスタメン復帰。初対戦となるパイレーツの先発・クールに対して2回の第1打席は中飛。しかし、続く4回の打席では、右腕がフルカウントから投じたシンカーを見事に捉えた。

 7回の第3打席は2番手・ロックの初球にバットを寝かせ、一塁へセーフティーバントを試みるも失敗。9回の第4打席は3番手・ヒューズの前に二ゴロに倒れ、この日は4打数1安打という結果だった。

 試合はマーリンズが3―1で勝利して2連勝。先発のフェルプスは6回2安打9奪三振無失点と好投を見せて7勝目を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月21日のニュース