ロッテ 4連敗も光明は平沢 プロ初打点、4戦連続安打

[ 2016年8月21日 05:30 ]

<西・ロ>6回1死一、二塁、右翼線適時二塁打を放つ平沢

パ・リーグ ロッテ4―10西武

(8月20日 西武プリンス)
 10失点で4連敗を喫し、ロッテの伊東監督は「トンネルが長い」と首をひねった。

 一筋の光明は新人の平沢だ。6回1死一、二塁からプロ初打点となる右翼線適時二塁打。ポーリーノの149キロ直球を捉え「ストレートに絞って打ちにいった。(初打点は)素直にうれしい」と振り返った。17日楽天戦(コボスタ宮城)でプロ初安打を放ってから4試合連続安打。伊東監督は「守備も無難にこなしている。しばらく使ってみようと思える」と合格点を与えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月21日のニュース