創価大・正義 オープン戦で3回無失点、いきなり4連続Kに「上出来」

[ 2016年8月21日 17:48 ]

<創価大・近大産業理工>練習試合で先発した創価大・田中。3回を無安打無失点の好投をみせた

 今秋ドラフトの目玉、最速156キロを誇る創価大・田中正義投手(4年)が21日、近大産業理工学部とのオープン戦に先発した。4月下旬から右肩の違和感でリハビリ中でこの日が約4カ月ぶりの実戦復帰。初回先頭打者からいきなり4者連続空振り三振を奪うなど、3回38球を投げて無安打無失点と上々の投球。直球の最速は154キロをマークし「真っすぐもそんなに悪くなかった。(復帰後)初めてにしては上出来」と手応えを口にした。

 また、同じく今秋ドラフト候補の池田隆英投手(4年)も2番手で登板し、6回1安打無失点と好投。「今日は球数が多かった(89球)ので減らしていきたい。秋季リーグは一致団結して優勝を目指して頑張りたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月21日のニュース