ロッテ 岡田、母校作新Vに歓喜「レベルの高い野球。隙なかった」

[ 2016年8月21日 18:57 ]

 ロッテ・岡田が、母校・作新学院の54年ぶりVを喜んだ。西武戦(西武プリンス)の試合前の練習中に優勝の報を聞き「応援していた。心からおめでとうございます、と言いたい」と笑顔を見せた。

 小針監督は1学年先輩。高校時代は1、2番でコンビを組んでいたという。高3夏は栃木大会3回戦で敗退するなど、自身は甲子園出場はなし。「今年のチームは投打のバランスが良くて、レベルの高い野球をしていた。隙がなかった」と岡田。エース・今井についても「凄い投手。(ロッテでプロとして)一緒にやりたいと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月21日のニュース