大谷 四球でつないだ フォーム崩し投手復帰はメド立たず

[ 2016年8月17日 05:30 ]

<日・オ>8回、生還した(左から)大谷、谷口が大喜び。右は大野

パ・リーグ 日本ハム3―2オリックス

(8月16日 札幌D)
 日本ハム・大谷も逆転劇に加わった。8回無死二塁から「つなぐことだけを考えた」と8球粘った末に四球。レアードの逆転2点打で生還した。

 試合前にブルペン入り。この日の中継ぎ登板の可能性を探ったが、右手中指のマメの影響で崩したフォームの修正は容易ではなく、19試合連続で打者出場した。投手復帰のメドは立っていないが「日に日に良くなっている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月17日のニュース