抹消の中日ビシエド 診断は左足首捻挫「まだ痛みはある」

[ 2016年8月17日 05:30 ]

13日、阪神戦の9回無死三塁、原口のフライをビシエドと高橋が追いかけ交錯、ビシエドは左足を痛め交代

 13日の阪神戦(京セラドーム大阪)で左足首を負傷して翌14日に出場選手登録を外れた中日・ビシエドが、名古屋市内の病院でMRI検査を受け「左足首の捻挫」と診断された。

 検査後は固定具をつけてナゴヤ球場を訪れた。「まだ痛みはあります。炎症も…。チームに迷惑をかけて申し訳ない。とにかくしっかり治したい。(復帰までの)日にちはわからない」と神妙に話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月17日のニュース