日本ハム 4連勝でソフトBに0.5差 大谷勝ち越し弾「うまく反応できた」

[ 2016年8月17日 21:10 ]

7回2死三塁、2ランを放った大谷は三塁ベンチに向かってガッツポーズ

パ・リーグ 日本ハム―オリックス

(8月17日 札幌D)
 日本ハムが4連勝。最大11.5あった首位ソフトバンクとのゲーム差を0.5ゲーム差とした。

 1点を追う7回、杉谷のスクイズで同点にすると、続く大谷の2点本塁打でリードを奪った。日本ハムは水曜日に強く、これで10連勝。

 オリックスは3連敗。5、6回に1点ずつ得点したが、7回に好投していた先発の山田がつかまった。

 ▼日本ハム・大谷「(7回 勝ち越しの右中間18号2点本塁打 )打ったのは高めのカーブです。うまく反応できました。同点に追いついたあとだったので、いい流れで打たせてもらいました」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月17日のニュース