中日・吉見 4年ぶり完投も報われず「12回まで投げたろうと」

[ 2016年8月17日 05:30 ]

<中・巨>4回2死一塁、村田に2ランを打たれた吉見

セ・リーグ 中日0―2巨人

(8月16日 ナゴヤD)
 中日・吉見の4年ぶり完投も報われず、6連敗で21年ぶりに借金20の大台に乗った。

 先発右腕は4回村田に2ラン被弾したが、9回まで113球で、12年9月4日広島戦以来の完投。打線は昨年6月6日以来437日ぶりに4番に座った森野が猛打賞と奮起するも、無得点。吉見は「(完投も)負けたら一緒。でも、12回まで投げたろうと思っていた。チームを引っ張っていかなきゃと。下を向いてるんじゃなく、前を向いていかなきゃ」と語気を強めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月17日のニュース