鳴門・中山 犠打のサイン見落とし逆転弾!塁踏み忘れてヒヤリも

[ 2016年8月17日 05:30 ]

<盛岡大付・鳴門>4回無死一塁、中越え2ランの鳴門・中山は一塁ベースを踏み忘れ、慌てて戻る

第98回全国高校野球選手権10日目・3回戦 鳴門11―9盛岡大付

(8月16日 甲子園)
 今大会初先発だった鳴門・中山が2ランを含む3安打3打点で期待に応えた。1点劣勢の4回には無死一塁から中堅左へ逆転弾。「歓声で入ったことが分かった」。実はこの打席、送りバントのサインが出ていたが、見落として入っていたのだ。

 一塁ベースを踏み忘れるほど夢中で駆け、慌てて戻って踏みなおしダイヤモンドを一周した。同点の7回には1死一、三塁から決勝の左前打。殊勲の活躍で乱打戦を制した。

 元々は最速146キロを誇る本格派右腕で、昨夏甲子園のマウンドも踏んだ。右肘に炎症を抱え、今春以降は外野手としても出場。1メートル86、85キロは部内一の体格で打者としても開花し、いまでは森脇稔監督に「飛距離なら手束、佐原、中山がビッグ3」と中軸に並び称される強打を持つ。3年ぶりの8強進出。“うずしお打線”の一角を担う背番号11は明徳義塾との準々決勝へ「(春季)四国大会で負けている。借りを返す」と力強かった。

 ▼鳴門・日野(4回に左打席で左越え2点適時三塁打、8回に右打席で左越えソロ)どちらも狙っていたところにきた。中学は左で高校で両打ちになりました。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月17日のニュース