いなべ総合学園 内角攻めに苦戦 春夏通じて初勝利含む健闘2勝

[ 2016年8月17日 05:30 ]

<いなべ総合学園・秀岳館>3回戦敗退に肩を落とすいなべ総合学園ナイン

第98回全国高校野球選手権第10日・3回戦 いなべ総合学園1―6秀岳館

(8月16日 甲子園)
 いなべ総合学園(三重)はセンバツ4強の秀岳館に健闘したが、終盤に突き放された。

 2点を追う8回1死満塁で4、5番が続けて凡退。尾崎英也監督は「ここというところで内角攻めに対応できなかった」と悔しがった。それでも春夏通じて初勝利を含む2勝。3安打と気を吐き二塁守備でも観衆を沸かせた神田は「こういう舞台でしっかり守れたのでよかった」とやり切った表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月17日のニュース