履正社・寺島 “準備不足”救援も「言い訳にならない」

[ 2016年8月17日 05:30 ]

<履正社・常総学院>泣きじゃくる女房役の井町(左)を笑顔で慰める履正社・寺島

第98回全国高校野球選手権第10日・3回戦 履正社4―7常総学院

(8月16日 甲子園)
 今秋ドラフト1位候補の最速150キロ左腕が3回戦で散った。履正社の寺島は、2回1死一、二塁から救援したが、いきなり2者連続で直球を狙われ、適時打を浴びた。

 初回から投球練習を開始していたものの「まだ(肩を)つくり始めの状態」。それでも「それは言い訳にはなりません。自分が抑えて流れを呼びたかった」と唇をかんだ。

 直球の最速は145キロを計測。エンジンがかかった6回から8回に5者連続で空振り三振を奪ったのがせめてもの意地だった。148球で完投した14日の横浜戦から中1日。2年生4番の安田が自宅から宿舎へ持ち込んだ酸素カプセルに何度も入ったが、疲れを完全に抜くのは難しかった。「長いようで短かった」夏が終わった。注目の進路については「まだ分かりません」と明言を避けた。5度目の挑戦でたどり着いた甲子園。「いつもの力以上のものが出る、楽しい場所でした」。寺島に涙はなく、爽やかに聖地を去った。  (吉仲 博幸)

 ▼履正社・山口(先発で1回1/3を3安打4失点。試合後は号泣)自分が投げ抜くつもりだった。申し訳ない。(将来は)プロに行きたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月17日のニュース