常総 履正社・寺島撃ち8強 攻略秘けつは“フルスイングしない”

[ 2016年8月17日 05:30 ]

<履正社・常総学院>2回1死一、二塁、常総学院・有村は寺島から右中間に2点適時三塁打を放つ

第98回全国高校野球選手権第10日・3回戦 常総学院7―4履正社

(8月16日 甲子園)
 3回戦4試合が行われた。常総学院(茨城)は、履正社(大阪)のドラフト候補左腕・寺島成輝投手(3年)ら2枚看板を見事に攻略。7―4で下し、3年ぶりの8強に進出した。明徳義塾(高知)は西浦颯大内野手(2年)が満塁本塁打を放つなど18安打の猛攻で嘉手納(沖縄)に13―5で大勝。秀岳館(熊本)、鳴門(徳島)も準々決勝に進んだ。

 大会No・1左腕・寺島の代わりばなを叩いた。2―0の2回1死一、二塁。1番・有村は7球目の直球を右中間にはじき返した。2点適時三塁打。「相手のボールの勢いを借りようとコンパクトに振った」結果だった。2番・陶山も左前適時打で続き、2回までに5点を奪い主導権を握った。

 寺島攻略の秘けつは「フルスイングしない」ことだった。14日の横浜―履正社戦を宿舎でテレビ観戦。有村は「横浜は振りすぎていると感じた」。ここで普段からの意識が生きた。極意は「8割くらいの力で振る。球に当たるまでは鋭く、後は相手の球の勢いを借りる」。150キロに設定したマシンで目を慣らし、室内での打撃練習では、普通なら投手を手前に出して行うところを打者が1・5メートル前に出て角度のある直球を打ち込んだ。

 佐々木力監督の戦略も的中した。先発9人の顔触れは同じながら打順を6人入れ替えた。履正社は最速145キロを誇る、もう一人の注目左腕・山口が先発したが、指揮官は初回が鍵とにらみ、右打者の有村を2番から1番に上げた。その期待に応え、2球目を左中間二塁打し、先制点につなげた。ダブルエースを攻略した有村は「気持ちで負けなかった」と話した。

 指揮官は球場に向かうバスの中で、12年夏に桐光学園の左腕・松井裕樹(現楽天)と対戦した時のことを話した。「先輩たちは“スライダーは見えなかった”と言ったが、それでも5点取った(5―7で敗戦)。だから何とかジタバタしよう」。ナインは臆することなく寺島に挑んでいった。

 前回出場時の13年に続く8強進出。「西の横綱」を倒し、03年以来の全国制覇に近づいたが、有村は「まだ大会の前半が終わっただけ」ときっぱり。2度目の頂点しか見えていない。 (松井 いつき)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月17日のニュース