松井裕 斎藤隆の魂受け継ぐ!「花道を」と連続三振斬り

[ 2015年10月5日 07:40 ]

<楽・ソ>9回、最後のマウンドに立った斎藤隆は細川を三振に打ち取り、後を松井裕に託してマウンドを降りる

パ・リーグ 楽天4―5ソフトバンク

(10月4日 コボスタ宮城)
 楽天・斎藤の引退試合を白星で飾れなかったが、松井裕が「魂」を受け取った。

 9回1死で降板する45歳右腕に代わり、気合満点の表情で19歳が登板。同じ高卒2年目の上林、代打・柳田を連続空振り三振に斬った。一塁ベンチ前で、斎藤にボールを手渡し、涙を流して引退セレモニーを見守った左腕は「(斎藤)隆さんの花道を飾りたかったので、思い切り腕を振った。僕もこんなセレモニーをされる選手になりたいと思った」と目を輝かせた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月5日のニュース