投手イチローに米国でも衝撃「高校時代すごい投手だった」最速は143キロ

[ 2015年10月5日 07:32 ]

フィリーズ戦の8回に4番手で登板、投手として“メジャーデビュー”を果たしたイチロー(AP)
Photo By スポニチ

ナ・リーグ マーリンズ2―7フィリーズ

(10月4日 フィラデルフィア)
 イチローの登板は米国でも驚きを持って迎えられ、MLBの公式サイトに早速動画や記事が掲載された。

 実況は「イチローは高校時代すごい投手だったんです!」と紹介。最速は89マイル(約143キロ)で、スライダーやチェンジアップも交え、元投手の片りんを見せつけた。

 1失点したものの、2死三塁からアルテールを左飛に抑えベンチに戻ると観衆は盛大な拍手を送り、チームメートもグータッチで祝福した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月5日のニュース