DeNA、巨人戦力外の久保獲りへ 投手陣補強が急務

[ 2015年10月5日 06:23 ]

巨人の久保

 巨人は4日、久保裕也(35)、野間口貴彦(32)の両投手に、来季の契約を結ばないと通知した。

 巨人・久保がヤクルト戦前の東京ドームを訪れ、原監督ら首脳陣や選手に別れのあいさつをした。巨人一筋13年で通算418試合に登板し「本当に頑張れたと思うのは10、11年の2年間くらい。優勝に貢献できなかった」と心残りを口にした。

 あらためて現役続行への意欲を示した右腕には、投手陣の補強が急務であるDeNAが獲得に向けて興味を示している。05年に入団した野間口は右肘手術のため一時は育成選手となり、13年以降は登板がなかった。今後は未定。

 また、1日に戦力外通告を受けた青木、横川、坂口もあいさつに訪れた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月5日のニュース